中央集権型取引所それとも分散型?

 
 

ビットコインやその他のブロックチェーンをベースとする仮想通貨がますます人気となる中、仮想通貨にアクセスし売買する様々な方法が増えています。「取引所」として知られるオンライン上のプラットフォームでは、両替所や商品取引所や証券取引所のように、ある仮想通貨を別の仮想通貨に交換したり、仮想通貨から不換通貨に交換することができます。仮想通貨取引所は、一般に中央集権型取引所と分散型の2種類の取引所に分けられます。

仮想通貨への投資を検討しているお客様にとって、取引所の種類の違いと分散型取引所に伴う潜在的リスクを理解することが大切です。

中央集権型取引所は、ユーザーが仮想通貨に容易にアクセスし取得することを可能とし、取引においては第三者として業務を提供しつつ、技術的サポートや支援も得られます。その流動性、提供するサポートや使い易さから、中央集権型取引所が、ユーザーに人気となっていることがわかります。分散型取引所では、仲介業者を通さずピアツーピアによる直接取引が行われるため、自己売買を行おうとするユーザーが集まる場となっています。このことからユーザーは、取引のプロセスにおいて、より多くのことを自分で決めることができます。

しかし、分散型取引所の現状として、その機能は、中央集権型プラットフォームと比べると相対的に基礎的なものに過ぎません。つまり、分散型取引所は、柔軟性に欠け、経験が少ないユーザーにとっては操作が難しいということが起こりがちです。専門家によるユーザーサポートと責任負担が不足していることと相まって、恐れを感じる選択肢となっています。もう一つの関連する潜在的リスクとして、中央集権型取引所と比べて取引量そして取引頻度が少ないことかあります。流動性が低いため、ふさわしい買い手が見つからなければ、分散型プラットフォーム上の資産を市場価格で売却することがより困難となるおそれがあります。ボラティリティーによって、価格が著しく変動することがあります。以上の要因から、仮想通貨取引の経験が浅いトレーダーの場合、経験豊富なトレーダーと比べて、中央集権型[CY: The English language says “centralized exchanges”. Is this correct?]取引所に関連するリスクにより晒されるおそれがあります。

 
Yan Ramirez